東洋レジン(株) 工事スタッフのブログ

雨漏り補修・防水工事のここだけの話

特殊止水工事

今回は、RC構造物の躯体からの漏水を止める方法をご紹介します。

鉄筋コンクリート造の建物における漏水のほとんどは、躯体のクラック(ひび割れ)から水が浸入することによって発生します。

つまり、ひび割れが外壁外側から内側にまで達している(貫通クラックといいます)と、毛細管現象によって水分が内部にまで侵入してくるわけです。

補修する方法としては、外部からひび割れを確認して、そこに防水を施工すればいいのですが、何らかの事情で外部から防水を施工できない場合があります。たとえば、足場を組めない場所にある、または、地下室(ピット)になっている等によります。

そのような際は、建物内部から防水を行わざるを得ないわけですが、建築防水業者で、これをできる技術を持った業者が少ないが現状です。

以下に、ご紹介する施工法ですが、主に土木工事でトンネルや地下ピット等の止水に用いられる技術ですが、これを建築防水に応用したものです。

薬剤注入この写真は、天井の内部に発生したクラックに対して、特殊な薬剤を注入している状況です。建物の上層階で1か所漏水しているだけでなので、わざわざ足場を組む必要性が少なく、また、前面道路が繁華街に面して、足場架設が危険なためこのような方法をとりました。

次の写真ですが、内側の壁にクラックが発生し、漏水していました。外側は地面より低く半地下になっており、外部からの防水が困難な状況です。泡のように見えているのが特殊な薬剤で、これによってクラックを充填することによって水を止めるわけです。

注入02

一見簡単そうに見えますが、特殊な(高価な)機材を必要とし、また、経験と技術がないと上手くいきません。弊社でも、この技術を持っているのは、20年以上土木関係の止水工事を経験した職人だけになります。

このような工事が必要になることは稀ですが、地下室や、地下ピットの漏水でお困りの方は、特殊止水工事の技術を持った弊社に、是非ご相談ください。

2013年7月29日 at 3:22 PM Comments (0)

建物の亀裂補修

今回は、建物の亀裂補修の方法をご紹介したいと思います。

crack01

結構、大きく割れています。

crack02

グラインダーでクラックをUカットします。

crack04

ウレタン系シーリング材で亀裂をシールした後、特殊なパテ材で平らに仕上げます。

crack05

既存の塗装に近づけるために、フィラーで模様をつけます。

crack06

同じ色の塗料を塗り完了です。なるべく目立たないように仕上げるには結構な手間が掛かります。

上記の方法は、Uカットシール材充填工法といいますが、他にも、亀裂の幅によりエポキシ樹脂低圧注入工法などで行うこともあります。

2011年5月24日 at 4:29 PM Comments (0)

業者選択の重要性

改修工事の見積もり作成のため、現場調査の際に、他の業者が過去に行った施工を

拝見することが多々あります。きちんとした工事をしている業者がほとんどですが、

中には、施工不良と思われる工事もあるので、実例を挙げてみます。

ウレタン厚み不足

これは、ルーフバルコニーの部分のウレタン防水なのですが、ウレタンの使用量が少なすぎ、

膜厚が全く足りていません。おそらく規定量の1/4位しか使っていないと思われ、

耐久性がない状態になっていました。

目地未撤去

同じ現場の写真ですが、伸縮目地を処理しないでそのままウレタンを施工したためにウレタン層が破断しています。密着工法の場合は、目地を撤去してシーリングしてから施工するのが普通なのですが、その工程が省かれてしまったためにこのような状況になっています。

真面目に施工している業者がほとんどなのですが、このような現場を見ると、同じ職人として、とても残念な気持ちになります。

改修工事を検討する際に、工法や施工価格の比較になりがちですが、一番大切なのは、信頼できる業者を選択することだと思います。

地元密着で長く営業し、公共工事や大手ゼネコンの仕事なども手掛けている業者なら、余程のことがない限り間違いないと思います。また、同じ会社であっても、どんな職人が施工するかによっても、工事の出来が異なってくるので、腕のいい職人に施工してもらえるといいでしょうね。打ち合わせの際に、過去の現場の施工写真などを見せてもらうと参考になるでしょう。

いずれにしても、最後は、現場で施工する職人がいかにしっかり施工するかに限ります。

社長や監督や営業マンがどんなに素晴らしい人物でも、肝心の職人がちゃんとしていないと現場は上手くいきません。

というわけで、今日も私は現場に向かい、自分が納得のいくように工事をするのでした。まあ、根っからの職人なんでしょうね。

2011年3月7日 at 5:28 PM Comments (0)

外壁補修工事

築30年のオフィスビルの外壁補修、塗装工事です。外壁の劣化が激しく、塗装工事のみでは対処できず、下地処理が必要になる例です。

外壁クラック

 

壁面に無数のクラックが入り、雨水が侵入しています。

 

 

 

 

 

 

クラック

 

 

 

 

 

 

ベランダから天井を見上げた写真で、外壁の断面がわかります。

外壁表面から50ミリのところでモルタル層が剥離し、クラックが走っています。このままだと表面のモルタルが剥落する恐れがあります。

穴あけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躯体のコンクリート層に届くようにドリルで穿孔します。モルタル層の厚さによりますが、今回は70ミリの深さまで穴を開けます。

 

エポ注入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エポキシ系の接着剤をポンプで注入していきます。

ピンニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モルタル層を固定するためのステンレスピンを入れます。分かりやすいように、一部を出して撮影しましたが、コンクリ層に届く深さにまで入れます。今回は1000本程使用しました。

防水材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水処理と細かいモルタルの剥落防止を兼ねて、アクリルゴム系の防水材を3層ほど塗り重ねます。

塗装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、ようやく塗装工程に入れます。

耐久性に優れたシリコン系塗料を選択しました。

施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工後

ご覧頂いたとおり、弊社では単なる塗装工事、つまり、外装がきれいになればいいという工事ではなく、下地の剥落防止などの安全性やクラック補修による防水性などを重視した施工を行っています。

当然、下地処理の費用が掛かってきますが、建物外装の維持管理における長期的なライフサイクルコストという点から見れば、きちんとした施工をすることで建物の長寿命化などにより全体の費用が削減できるのではないでしょうか。

2011年2月16日 at 4:45 PM Comments (0)

こんな工事もしています

JR某駅のホーム上の点字ブロックならびにエキスパンション取り付け作業です。

弊社ではシーリングと樹脂モルタルの施工を担当しました。

シーリング

 

シーリング作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

樹脂モルタル

 

 

 

 

エキスパンション目地にエポキシ系の樹脂モルタルを充填しています。

 

 

 

 

樹脂モルタル

 

エポキシ樹脂という非常に接着力の強い材料を使っています。

 

 

 

 

 

 

今回の工事は駅のホーム上ということで、終電が終わった後の夜間作業になりました。

終電後、始発列車が来る前の短時間で1日の作業を終えなくてはならず、かつ、列車の運行にも支障をきたすことのないよう、入念な打ち合わせと、安全対策のもとに作業します。

普段何気なく利用している駅ですが、乗降客の安全確保のために、日夜、多くの人の手によって維持管理がなされています。

2011年2月16日 at 2:56 PM Comments (0)

最近の現場2

毎日、現場作業、現地調査に見積作成と忙しい日々を送っています。

今回は2件ご紹介します。ひとつは、オフィスビルの防水工事、屋上他 450㎡、シーリング打換え 1600m終わりました。

ウレタン施工中

ウレタン施工中

トップコート塗布

トップコート塗布

 

もう1件は、個人邸のルーフバルコニー 40㎡で雨漏りの物件。小規模ですが、オーナー様が耐久性のある工法希望ということで、通気緩衝工法 (膜厚3mm)で行いました。

既存塩ビシート撤去

既存塩ビシート撤去

通気マット敷き込み

通気マット敷き込み

立上り クロス貼り込み

立上り クロス貼り込み

ウレタン塗布後

ウレタン塗布後

完成

完成

施工前

施工前

工事規模の大小に関係なく、しっかり現場を納めるように努力しています。

2010年11月7日 at 10:15 PM Comments (0)

雨漏り補修工事

今回は、戸建住宅の雨漏り補修の例を2件ご紹介します。

2件とも、最近の強雨で初めて雨漏りしており、アルミサッシの室内側から漏水しています。

サッシ廻りからの漏水

サッシ廻りからの漏水

上記の例は、外壁内部の2次防水である防水シートに何らかの不具合が生じていると思われ、漏水調査ということでサッシの上部へ散水したところ、やはり雨漏りが再現されました。防水シートの不具合を直すことも考えましたが、今回は外壁にクラック(ひび割れ)も見られず、費用もあまり掛けられないということで、シーリングによる1次防水により対処し、その後、雨漏りは止まりました。
amamori02
次の例は、エアコン用の配管ダクトからの雨漏りです。
amamori03
配管の化粧カバーの上部に隙間があるのがお分かりいただけるでしょうか?
配管関係からの雨漏りは、よくあるケースです。
対処法としては、化粧カバーを開け、内部の配管を露出させてから隙間を完全に塞ぎます。
窓の位置が高く、6mほどの高さがあったので、3連ハシゴによる高所作業になりました。もし、一般の方がご自分で作業なさるとしたら、たいへん危険な作業になると思います。
エアコン配管周囲からの漏水

エアコン配管周囲からの漏水

一般の戸建住宅でよく見られる雨漏りの例を見てきました。
気になる施工価格ですが、2件とも懇意にしていただいている不動産会社からのご依頼ということで、散水調査や高所作業の費用も込みで、それぞれ1万円とさせていただきました。
(うちは利益出ません(泣)。 多分、他社では最低3万くらいは取られるはずです。)
2010年10月30日 at 2:17 AM Comments (0)

防水工事業とは

一般の方は、防水工事業と聞いてもイメージがわかないと思います。一言でいうと、様々な材料や工具を使い、建物の外壁、屋上、屋根などから雨水が入らないように新築時、改修時に防水層を施工する仕事です。

ウレタン防水

ウレタン防水による改修工事

 

 防水に不具合があると、雨漏りするだけでなく、建物の寿命にも影響してきますので、細心の注意をして施工する必要がある仕事でもあります。

劣化したシート防水

劣化したシート防水 雨漏りの原因

 

 防水工事業のやりがいといえば、なんと言っても、雨漏りが止まった時にお客様に喜んでいただけることと、経年劣化して古くなった屋上や外壁が見違えるほど綺麗になったときに感じます。それと、自分は職人なので、自分の技術を向上して、速くきれいに作業を進め、仕事が満足に仕上がったときはやはり嬉しいものですね。

頭で考えるのよりは、実際にやってみる方がずっと難しい奥の深い仕事でもあると、最近感じています。

2010年10月30日 at 12:56 AM Comments (0)