東洋レジン(株) 工事スタッフのブログ

雨漏り補修・防水工事のここだけの話

特殊止水工事

今回は、RC構造物の躯体からの漏水を止める方法をご紹介します。

鉄筋コンクリート造の建物における漏水のほとんどは、躯体のクラック(ひび割れ)から水が浸入することによって発生します。

つまり、ひび割れが外壁外側から内側にまで達している(貫通クラックといいます)と、毛細管現象によって水分が内部にまで侵入してくるわけです。

補修する方法としては、外部からひび割れを確認して、そこに防水を施工すればいいのですが、何らかの事情で外部から防水を施工できない場合があります。たとえば、足場を組めない場所にある、または、地下室(ピット)になっている等によります。

そのような際は、建物内部から防水を行わざるを得ないわけですが、建築防水業者で、これをできる技術を持った業者が少ないが現状です。

以下に、ご紹介する施工法ですが、主に土木工事でトンネルや地下ピット等の止水に用いられる技術ですが、これを建築防水に応用したものです。

薬剤注入この写真は、天井の内部に発生したクラックに対して、特殊な薬剤を注入している状況です。建物の上層階で1か所漏水しているだけでなので、わざわざ足場を組む必要性が少なく、また、前面道路が繁華街に面して、足場架設が危険なためこのような方法をとりました。

次の写真ですが、内側の壁にクラックが発生し、漏水していました。外側は地面より低く半地下になっており、外部からの防水が困難な状況です。泡のように見えているのが特殊な薬剤で、これによってクラックを充填することによって水を止めるわけです。

注入02

一見簡単そうに見えますが、特殊な(高価な)機材を必要とし、また、経験と技術がないと上手くいきません。弊社でも、この技術を持っているのは、20年以上土木関係の止水工事を経験した職人だけになります。

このような工事が必要になることは稀ですが、地下室や、地下ピットの漏水でお困りの方は、特殊止水工事の技術を持った弊社に、是非ご相談ください。

2013年7月29日 at 3:22 PM Comments (0)