東洋レジン(株) 工事スタッフのブログ

雨漏り補修・防水工事のここだけの話

業者選択の重要性 »« こんな工事もしています

外壁補修工事

築30年のオフィスビルの外壁補修、塗装工事です。外壁の劣化が激しく、塗装工事のみでは対処できず、下地処理が必要になる例です。

外壁クラック

 

壁面に無数のクラックが入り、雨水が侵入しています。

 

 

 

 

 

 

クラック

 

 

 

 

 

 

ベランダから天井を見上げた写真で、外壁の断面がわかります。

外壁表面から50ミリのところでモルタル層が剥離し、クラックが走っています。このままだと表面のモルタルが剥落する恐れがあります。

穴あけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躯体のコンクリート層に届くようにドリルで穿孔します。モルタル層の厚さによりますが、今回は70ミリの深さまで穴を開けます。

 

エポ注入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エポキシ系の接着剤をポンプで注入していきます。

ピンニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モルタル層を固定するためのステンレスピンを入れます。分かりやすいように、一部を出して撮影しましたが、コンクリ層に届く深さにまで入れます。今回は1000本程使用しました。

防水材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水処理と細かいモルタルの剥落防止を兼ねて、アクリルゴム系の防水材を3層ほど塗り重ねます。

塗装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、ようやく塗装工程に入れます。

耐久性に優れたシリコン系塗料を選択しました。

施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工後

ご覧頂いたとおり、弊社では単なる塗装工事、つまり、外装がきれいになればいいという工事ではなく、下地の剥落防止などの安全性やクラック補修による防水性などを重視した施工を行っています。

当然、下地処理の費用が掛かってきますが、建物外装の維持管理における長期的なライフサイクルコストという点から見れば、きちんとした施工をすることで建物の長寿命化などにより全体の費用が削減できるのではないでしょうか。

2011年2月16日 at 4:45 PM
Commenting is closed