東洋レジン

中野区Sビル様

概要 外装修繕工事 写真
施工内容 屋上ウレタン防水
外壁塗装
外壁タイル目地シーリング打換え
外壁タイル面剥落防止エポキシ樹脂注入
オフィスビル まるごとリフレッシュ
 オーナー様から直接のご依頼で、築20年目の大規模修繕工事を承りました。相見積でしたが、弊社で、必要な工事、不必要な工事の精査・ご提案を行い、他社より約2割の工事費用を削減できました。(*写真をクリックすると拡大します)
屋上 現況

屋上 現況

 建築後20年目の屋上です。階下に漏水などはしていないようでしたが、平場の伸縮目地の劣化や、パラペット部のクラックが目立つなど、修繕の時期を迎えていました。
パラペット天端部モルタル浮きエポキシ樹脂注入

パラペット天端部モルタル浮きエポキシ樹脂注入

 天端部分に薄塗(10mm程)してあるモルタルが下地のコンクリートから剥離し、浮いた状態になっています。 万が一、落下すると危険なので、モルタルと躯体コンクリートの間に、エポキシ系接着剤をグリスポンプで圧をかけて注入します。
ウレタン塗膜防水 施工後

ウレタン塗膜防水 施工後

 マンション、オフィスビルの改修用途での屋上防水はウレタン防水がメインです。特に、屋上にエアコンや設備の架台などが多い場合に適しています。
外階段 施工前

外階段 施工前

 非常口のある外階段です。いつもは使われてない場所ですが、長年の風雨で見た目にもかなり傷んだ状態です。クラックから階下にまで漏水していました。オーナーさまから、見かけも良くないので階段も直して欲しいとのご要望があり、ウレタンで防水することになりました。
外階段 踊り場床 欠損部補修

外階段 踊り場床 欠損部補修

 踊り場床のモルタルが浮いて剥がれていた状態でした。樹脂モルタルで補修し下地を作ります。
外階段 ウレタン防水 完了

外階段 ウレタン防水 完了

 ご予算の都合で、ノンスリップの交換まではできないとのことで、現状のノンスリップを生かすような形で施工しました。ステンレス製だったので、金属磨きで良く磨くことにより本来の光沢を復活できました。
外壁塗装面 現況

外壁塗装面 現況

 写真手前側の建物が当該物件です。20年間1度も再塗装していないので、汚れも目立ちます。壁面にかなりクラックが入っているので、 躯体のコンクリートが劣化していないか心配です。
外壁塗装面 クラック

外壁塗装面 クラック

 このようなクラックから、雨水が侵入し躯体コンクリートが劣化します。早めの処置が大切です。
外壁塗装面 クラック補修

外壁塗装面 クラック補修

 ある程度の幅までのクラック(ヘアークラック)であれば、塗装用の下地調整材(フィラー)で埋めることも可能ですが、今回はクラック幅が大きかったので、Uカットし、シーリングしてから塗装しました。
外壁塗装面 塗装完了

外壁塗装面 塗装完了

 美観のみでなく、躯体の保護という観点から、防水性にも気をつかい塗装しています。


塔屋 鉄部

塔屋 鉄部 

 屋上塔屋の高架水槽が置いてある部分の鉄部です。全体的に錆がひどく、このようになる前に、早めの塗り替えが必要な部分です。
塔屋 鉄部塗装

塔屋 鉄部塗装

 錆落としのケレン作業が大変でしたが、錆止め塗料をしっかり入れてから、弱溶剤系2液ウレタン塗料で仕上げました。
タイル目地 既存シーリング撤去

タイル目地 既存シーリング撤去

 既存のシーリング材をカッター、ペンチ等を使って撤去していきます。シーリング材は一般的に10〜15年で打換える必要があります。
シーリング 施工中

シーリング 施工中

 材料をガンで充填し、金ベラ、ゴムベラ等で平滑にならしていきます。
シーリング施工完了

シーリング施工完了

 。
シーリング ゴンドラ作業

シーリング ゴンドラ作業

 建物正面です。1Fでテナント店舗が営業中のため仮設足場をやめ、ゴンドラ作業に。シーリング打換えと、タイル面浮き打診調査を行いました。若干ですが、足場費用の節約となりました。
タイル浮きエポキシ樹脂注入作業

タイル浮きエポキシ樹脂注入作業

 タイルの剥落防止のため、下地モルタルが浮いている個所にドリルで穿孔しエポキシ系接着剤を注入していきます。

墨田区Tビル様

塗装施工 概要
屋上防水工事
施工内容
屋上ウレタン防水
屋上塔屋塗装、屋根防水
墨田区Tビル

無料見積 フリーダイヤル
スタッフブログ
 
 業者の本音、つづります♪