東洋レジン

墨田区Tビル様

概要 屋上防水工事 写真
施工内容 屋上ウレタン防水
屋上塔屋塗装、屋根防水
オフィスビル 屋上修繕工事
 オーナー様から直接のご依頼です。築後30年ほど経ち、屋上に増築された部屋は雨漏りしていました。増築部分の屋根、外壁防水と屋上の防水工事を行いました。(*写真をクリックすると拡大します)
屋上 増築部分

屋上 増築部分

 屋上にALCで増築した部分です。屋根の防水、外壁のシールが劣化し、室内にかなりの雨漏りがある状態です。

塔屋 外壁

塔屋 外壁

 エレベーターの機械室のある塔屋部分です。



増築部分 ALC板目地シール

増築部分 ALC板目地シール

 増築部分の外壁はALC板ですが、板間のシールが劣化し、雨水が室内に侵入していました。
今回、シールを打ち増す形で対応しました。
サッシ廻りシール

サッシ廻りシール

 サッシ廻りのシール切れによる雨漏りもよくあるので、シーリングして隙間のないようにします。

増築部分 外壁防水

増築部分 外壁防水

 外壁ALC板のクラックも多く、劣化が激しいので、塗布防水を一度入れてから塗装することになりました。
増築部分 外壁塗装

増築部分 外壁塗装

 塗布防水用のトップコートで塗装しています。普通の塗装のみに比べると、塗膜が断然厚く、防水性に優れています。
増築部分、塔屋 外壁塗装面 完了

増築部分、塔屋 外壁塗装面 完了

 雨漏り、漏水にしっかり対処して塗装工事できるのも弊社の強みです。


増築部分 屋根防水

増築部分 屋根防水

 ここでは、ポリマーセメント系の塗布防水材を2回塗布しています。

増築部分 屋根防水、外壁防水塗装 施工完了

増築部分 屋根防水、外壁防水塗装 施工完了

 漏水の原因となるところを、しっかり見極めて施工することが、建物の寿命を延ばす秘訣です。

屋上 キュービクル

屋上 キュービクル

 屋上にある変電設備です。錆などで腐食すると内部に雨水が侵入し危険です。オーナー様のご希望で塗装することになりました。
屋上 キュービクル 塗装完了

屋上 キュービクル 塗装完了

 錆止めを入れてから、ウレタン系塗料で仕上げました。

屋上陸屋根 施工前

屋上陸屋根 施工前

 築後30年もすると、屋上も泥やコケでかなり汚れています。
 


屋上 高圧洗浄

屋上 高圧洗浄

 泥がかなり溜まっており、洗浄作業に丸一日費やしました。良い防水施工は、下地処理をきちんと行うことから始まります。
屋上 伸縮目地 撤去

屋上 伸縮目地 撤去

 伸縮目地に詰まっている目地材を撤去した後、しばらく放置し目地内が良く乾燥するのを待ちます。乾燥後、ウレタンシーリング材でシールします。

屋上 下地処理完了

屋上 下地処理完了

 ウレタン防水施工前の下地処理が完了しました。画像では分かりづらいですが、クラック処理と目地周辺の不陸調整もしています。
屋上 ウレタン防水 プライマー塗布

屋上 ウレタン防水 プライマー塗布

 下地によく接着するようにプライマーを塗布します。弊社では従来よく見られたウレタン層の膨れやピンホールを予防するために、創意工夫しています。
屋上 ウレタン防水 ウレタン密着工法

屋上 ウレタン防水 ウレタン密着工法

 ウレタンの膜厚は一般に2〜3ミリを確保します。ここでは、2.5mm厚確保するために、ウレタン防水材3kg/uを2回に分けて施工しています。
屋上 ウレタン防水 施工完了

屋上 ウレタン防水 施工完了

 最後に、トップコート(保護材)を塗布して施工完了です。表面も平滑に仕上がりました。
下の施工前の写真と比べると一目瞭然です。

屋上陸屋根 施工前

屋上陸屋根 施工前

 
このページのトップへ

中野区Sビル様

概要 外装修繕工事 写真
施工内容 屋上ウレタン防水
外壁塗装
外壁タイル目地シーリング打換え
外壁タイル面剥落防止エポキシ樹脂注入
オフィスビル まるごとリフレッシュ
  オーナー様から直接のご依頼で、築20年目の大規模修繕工事を承りました。相見積でしたが、弊社で、必要な工事、不必要な工事の精査・ご提案を行い、他社より約2割の工事費用を削減できました。
中野区Sビル

無料見積 フリーダイヤル
スタッフブログ
 
 業者の本音、つづります♪